• 住宅用の太陽光パネルの寿命

    • 一般の住宅で太陽光のパネルを設置して発電をするという場合に、どの程度の年数までの設備の寿命があるのかということは、あらかじめ知っておいたほうがよいことといえます。

      太陽光発電の学校に関する疑問が解決できます。

      こうした太陽光発電のためのパネルの耐用年数は、法令上は9年というのが目安とされており、企業が法人税を計算する際には、この年数をもって減価償却されるというのが通常です。

      しかし、パネルそのものは、強化ガラスでおおわれたたいへん丈夫なものであり、なかにある太陽電池もたしかに年数が経てば発電効率が落ちて劣化することは否めないものの、相当の長期間にわたって発電を続けられるだけの能力をもっています。
      一般に、太陽光パネルを製造しているメーカーでは、10年保証をうたっていることが多く、少なくとも設置から数えて10年は健全に太陽光発電をしてくれるものと期待してもよいでしょう。
      メンテナンスが行き届いていれば、20年やそれ以上というのも、実際には可能となっているようです。

      太陽光発電の保守に対する期待が寄せられています。

      ただし、本体のパネルそのものではなく、パネルから延びている電線に付属しているパワーコンディショナーとよばれる装置は、おおむね10年も経てば寿命を迎えるとされていますので、こうしたものについては点検の上で取り替えなどの処置が必要となってきます。このパワーコンディショナーというのは、太陽光で発電をした電気は当初は直流であるので、これを住宅でも使えるように交流に変換するための装置のことです。

      太陽光発電の資格情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

      太陽光発電を利用するときには、太陽光を集めて電力に転換しなくてはいけません。

      その役割を果たしているのが、太陽光を集めることが出来るソーラーパネルなのです。

      一般的に、ソーラーパネルは一キロワットあたりの金額で計算しますので普通の家庭の屋根の上に置くぐらいの大きさならばそれほど大きな費用にはなりません。

      あなたに合った条件の太陽光発電が評判になっています。

      また、太陽光発電に関しては業者向けなどに対してそれを設置することについて補助金を出している自治体も存在します。

      補助金を出すことによって自治体にもプラスになるため、こうした発電システムに関しては積極的な導入が求められている場所もあるくらいなのです。

      では、肝心のソーラーパネルの耐久性はどのようなものなのでしょうか。

      太陽光発電の保守を情報を幅広くご活用下さい。

      実は、ソーラーパネルは実際に販売の許可が出るまでかなりの試験に通らなくてはいけません。

      http://okwave.jp/qa/q8931819.html

      大型の実験施設で想定されるあらゆる状態に身を置いて耐えることができるかどうかを判断するのです。

      https://4meee.com/articles/view/144995

      この基準を満たしたパネルだけが販売を許されるため、現実的に一般家庭で導入できるソーラーパネルは非常に質の良いものが揃っています。

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2016022802000187.html

      このような性質から、ある程度の費用を支払っても支払った分の費用は取り戻すことが出来るのが太陽光発電の特徴です。

      耐久力が非常に優れているため、購入してから平気で何十年と使うことが出来ます。


      光熱費の削減や電力の売却によって大きなメリットを享受できるので一般家庭でも取り入れている人も多いのです。

  • 関連リンク