住宅ローンで節税をする

###Site Name###

住宅ローンで節税するには住宅借入金特別控除を利用する方法があります。


自己の居住する家屋を住宅ローンを借り入れて購入または増改築した場合に一定の条件をみたすとこの制度を利用でき節税になります。

その適用条件は以下のようになります。住宅の要件は新築住宅は床面積50㎡以上、床面積の2分の1以上が自己の居住用であることです。


既存住宅については上記新築住宅の条件を満たすこと、取得の日以前20年以内に建築されていること、または一定の耐震基準を満たすことです。

海外決済の情報をお知らせします。

住宅ローンの要件は金融機関の借入で償還期間10年以上であることです。
その他の条件としは、取得日から6か月以内に入居し、控除を受ける年の12月31日まで引き続き居住していることです。その年の合計所得金額3000万円以下の場合に適用されます。

これからは不動産担保のローンの融資について解説いたします。

居住した年をはさむ前後5年間で居住用財産の譲渡の特例、居住用財産の買い替え、交換の特例等の特例を適用されていないことや所定の書類を添付して確定申告をすることです。また住宅借入金特別控除適用期間に転勤等でその住宅に住まなくなったあと、再びその住宅に居住し控除期間が残っている場合に残期間について同控除の適用をうけることができます。

住宅購入をFPに相談について知りたいならこのサイトです。

そして平成2年以後は一度もこの控除をうけることなく転勤した場合も再び居住した以後、一定の要件のもとに同控除をうけることができます。

決済代行について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

この住宅借入金特別控除を利用することは有効な節税対策となります。

今までに培ったノウハウを活かし、決済代行関する便利な情報が満載です。

http://matome.naver.jp/odai/2139091663889435301
http://matome.naver.jp/odai/2136975253738541401
http://matome.naver.jp/odai/2139149829207278501